アーユルヴェーダ

投稿者: | 2019年1月31日

アーユルヴェーダとは世界三大伝統医学のひとつであり、サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味で、五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

「ドーシャ」と呼ばれる3つの要素「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」が私たちの心身の健康を担っており、この3要素のバランスによって体質がきまります。
不調が生じたとき、体質ごとに対処法が異なるので、まずは、自分のドーシャバランスを知ることが大切です。 これがアーユルヴェーダの根本理論となっています。

また、病気の治療と予防だけでなく、よりよい人生を目指すものです。健康の維持・増進や若返り、さらには幸福な人生、不幸な人生とは何かまでを追求します。